摂食障害による原因
  1. ホーム
  2. 原因
  3. 心理的問題
  4. 摂食障害による原因

摂食障害による原因

便秘には睡眠障害が原因による物があります。
寝られない原因として、カフェインや寝る前の強い光、興奮がありますが長期化する睡眠障害の場合はストレスによるものが多いです。
神経が興奮する事によって寝られなくなると腸内バランスも乱れていきます。
寝ないといけないという気負いが腸の副交感神経を過敏にさせて、腸が荒れてしまう事があります。
副交感神経が過敏になる事で、男性の場合は下痢になりますが女性の場合は便秘になる事が多いです。
睡眠障害が起こる事でストレスも掛かりますし、朝になると起きられなくなる事も多いです。
睡眠障害に悩む方は、夜眠れない代わりに朝や日中眠くなりますが、無理やり活動する事で腸がおかしくなり、便秘になってしまいます。
睡眠障害になった体では、内臓や消化器官も夜型になるので、朝になると休眠体制に入ります。
それなのに無理やり起きてコーヒーを飲んだり、朝食を食べる事で消化不良を起こして便秘になります。
まず便秘の症状を抑えるには、睡眠障害の治療から開始する事が大切になります。
睡眠障害の治療方法として、多くの方が間違っているのが無理やり布団に入る行為です。
無理に布団に入っても眠る事は出来ませんし、無駄な時間を過ごす事になります。
それに長時間目を瞑っても眠れない事で全身にストレスが掛かりますし、苛立ちやストレスを感じてしまいます。
それを毎日続ける事で、寝ないといけない焦り、眠れないストレスからうつ病になったりするケースもあります。
一番良い睡眠障害の治療方法はすぐに病院に行く事だけです。
病院に行って睡眠薬をもらって適切に服用するだけで夜に眠る事ができます。
夜に安眠する事で腸が落ち着いて便秘の症状も緩和されていきます。