睡眠障害による便秘
  1. ホーム
  2. 原因
  3. 心理的問題
  4. 睡眠障害による便秘

睡眠障害による便秘

クヨクヨと落ち込んでいる事も便秘を引き起こす原因とされています。
現代人はネガティブ思考の方が増えてきています。
将来の事や人間関係、お金、仕事、家庭の悩み等様々あります。
しかし近所付きあいや親子の繋がりが無くなり孤立しがちになっているので中々相談相手が見つかりづらい状態になっています。
友人関係も余り深い所まで話せないという方も居ますし、ネガティブが加速してしまいます。
そもそもネガティブ思想が便秘になる仕組みとして、クヨクヨとしてしまうと腸の交感神経に異常をきたしてしまい、腸の運動が停止してしまいます。
よく緊張をしたり、不安を感じてしまうとお腹を壊して下痢になったり、逆に便秘になってしまうのもその為です。
人はいくら悩んだ所で解決には近づく事は出来ない生き物です。
逆に独りよがりになってしまい、判断を誤らせて悪い方向に進んだりしてしまいます。
まずは腸の為を考えて、クヨクヨとする前に、ポジティブに気分を変える事が大切になります。
クヨクヨとしてしまうと休日も外出したくなくなりますし、運動不足が加速し血行が悪くなり、思考パターンも単調になってしまいます。
ネガティブの悪循環にはまってしまうと老化も激しくなりますし、一生便秘と付き合わなくてはならなくなってしまいます。
まず悩みがあるならすぐに相談をする事が大切です。
次に少しでもストレスを感じたら、外出して日の元に当たりリフレッシュしたり、買い物をしたりカラオケや運動をする事も時には必要になります。
クヨクヨとした気持ちが腸に重大なダメージを与えているという自覚を持って、少し悪い事があっても落ち込まずにポジティブな思想で生きていく事が大切になります。