副交換神経活性化マッサージ
  1. ホーム
  2. 精神面
  3. マッサージ
  4. 副交換神経活性化マッサージ

副交換神経活性化マッサージ

副交感神経とは、腸の蠕動運動を支える神経の事です。
現代人はストレスや不摂生な生活で副交感神経が弱っているケースが多いです。
副交感神経を活性化させて、腸の蠕動運動を支援するにはマッサージが効果的です。
副交感神経を活性化させるツボは指先のツボにあります。
まず右手の親指の腹の部分と右手の人差し指の腹の部分を合わせて、爪が白くなるくらいにギュっと押さえ込みます。
親指と中指の腹、親指と薬指の腹といったように、全ての指の腹を合わせて爪を刺激します。
テレビを見ながらでもギュっと押し込む癖を付ける事で、常に副交感神経を刺激する事が出来ます。
もう一つの副交感神経の刺激方法として、爪の両サイドをもう片方の人差指と親指で挟んで刺激する方法があります。
刺激するのは、爪の上では無く、爪の付け根あたりを中心に力を入れると効果的です。
爪もみマッサージをする時は出来るだけ腹式呼吸をすると効果的です。
口から呼吸するよりも、鼻から吸って鼻から吐くと良いです。
他にも副交感神経の刺激方法として、笑いがあります。
お笑い番組やコント番組を見て大笑いする事で副交感神経が刺激されます。
他にも、友人と飲みにいって笑い合ったりカラオケに行って盛り上がる事で副交感神経に良いです。
他にも副交感神経の刺激方法として、半身浴があります。
副交感神経は、ぬるめのお湯にゆっくりとリラックスしながら浸かる事でも刺激が出来ます。
最近はシャワーだけで済ませてしまい、湯船に浸かったり温泉に行ったりする方が少なくなりました。
毎日は無理だとしても、週に2回から3回はゆっくりとぬるめのお湯にしっかりと浸かる時間を持つ事が副交感神経を刺激して、腸の蠕動運動を支える事になります。