ガンのリスクについて
  1. ホーム
  2. 肉体面
  3. その他
  4. ガンのリスクについて

ガンのリスクについて

現代人は様々な理由でガンのリスクを抱えています。
遺伝の影響や加齢の影響も考えられますが、ジャンクフードや運動不足でもガンのリスクが高まります。
それ以外にも喫煙やアルコールの場合でもガンにリスクが高まりますが、便秘の場合でもガンになるリスクが上昇してしまいます。
便秘になる腸は弱ってしまっていますし、腸内の環境は劣悪なもので、例えるならば掃除が全くされていない公衆トイレの様なものです。
掃除がされていなく、便等が溢れかえった環境で生活をすると必ず感染症等の病気になってしまいます。
それは町内の場合でも同じで、本来は清潔に保たれなければいけない所に便が停滞する事で悪い菌が増えて感染症のリスクも高まりますし、ガンのリスクも急上昇してしまいます。
腸内の環境悪ければ、体のすべての状態も悪くなってしまいます。
便秘によって引き起こる可能性のあるガンの種類として大腸ガンが考えられますが、腸内環境が変わる事によって免疫力が低下し大腸ガン以外のガンのリスクも高まります。
便秘はガンの症状の一歩手前だと考えて、軽く見ずに必ず改善させる努力をする事が大切になります。
便秘の解消方法とガンの予防方法は非常に似た所があります。
例えば、禁煙ですが、禁煙をする事で血流が良くなり体の老廃物も少なくなります。
よって腸の環境が良くなりますし、ガンのリスクも低下していきます。
タバコは害はあっても一つも利点は無いので、もしもタバコを吸っている方は今すぐにでもやめた方が良いです。
他にも運動をする事でもガンのリスクが低下する事でも知られていますし、運動は腸内環境にとっても非常に良い効果をもたらしてくれるのでおススメする事が出来ます。