便を作る際の肥料とは
  1. ホーム
  2. 肉体面
  3. その他
  4. 便を作る際の肥料とは

便を作る際の肥料とは

便の作られ方と、作物の作られ方は似ている所があります。
まず作物は日光とお水、肥料が無ければ良質な野菜は育ちません。
便の場合でも同で、お水や肥料となるものが無ければ立派な便として排出されなくなります。
立派な便が作られなければ、便がカチカチに硬くなって肛門を傷つけたり、腸を傷つけて腸内で渋滞を起こしてしまいます。
まず大切なのがお水ですが、便秘に悩んでいる方は1日に最低でも1リットルの水を摂取すると良いです。
お水といっても、砂糖や塩分が沢山入ったジュースでは無く、お茶、ミネラルウォーター等を飲むと良いです。
糖分、塩分が多く入ったお水を飲むのは海水を飲むのと同じで、逆に腸がカラカラの状態になってしまうので注意が必要です。
お水だけではなく、良い便を作る際の肥料になるものは、乳酸菌と食物繊維です。
便の種である食べ物とお水だけでは正常な便は生成されずに、便が硬くなったり逆に柔かすぎる下痢になったりしてしまいます。
お肉やジャンクフード、お菓子を食べる際には必ず一緒に便を作成する際の肥料を与えるつもりで必ずヨーグルトや野菜を食べると良いです。
理想としてはお腹の中で便を育てるつもりで食生活を改善すると良いです。
痩せた土に種と水だけ与えても立派な作物は育たずにやがて枯れて腐ってしまいます。
便秘になる人の特徴として、棚にお菓子を買い溜めする癖はあっても冷蔵庫に野菜を買い溜めする習慣は付いていません。
まず食習慣を改善させる方法としては、野菜を買う事からスタートさせる事が大切です。
買って備蓄して置いておくと、勿体ないから食べなければいけないという意欲も湧いてきますし、そこから野菜を食べる習慣が付いていきます。