便秘はにきびや肥満の原因にもなる
  1. ホーム
  2. 肉体面
  3. その他
  4. 便秘はにきびや肥満の原因にもなる

便秘はにきびや肥満の原因にもなる

便秘はただ便が出ないだけでは無く、様々な症状の引き金にもなってしまいます。
まず吹き出物ですが、本来便から排出される筈だった老廃物が腸に停滞してしまい、体の隅々まで回ってしまい結局顔等に出てしまいます。
吹き出物が出てしまうと化粧等で隠す必要がありますし、便秘中のにきびや吹き出物は中々治りにくくなります。
本来、便として排出される筈だった老廃物や毒素が体に停滞する事で、血の巡りも悪くなりますし血液がドロドロの状態になってしまいます。
血液がドロドロになると気分が落ち込んでしまう状態になりますし、うつ病等を引き起こす心配があります。
それに一番注意しなければいけないのが肥満です。
食べていないのに、なぜかブクブクと太ってしまったり、お腹が出てしまう方が居ます。
年齢が原因でお腹が出てしまったのだろうと思っている方も多いですが実は便秘が原因で肥満になる方も多いです。
現に肥満に苦しんでいる方でダイエットをしても中々痩せられない方は便秘等の腸のトラブルを抱えている方が多いです。
腸内で便が停滞してしまう事で、体が余計な毒素や脂肪分、老廃物を吸収してしまい結果としていらない脂肪を蓄えてしまいます。
本来細くて健康的な方は便が作られるとすぐに排出されるので、余計な脂肪分を溜め込む事がありませんし、食べ過ぎたとしてもすぐに排出されます。
便秘が原因で脂肪や毒素が体に溜まり、その脂肪や毒素が原因でまた腸が停滞してしまうという負のスパイラルに陥っている方も多いです。
最近吹き出物が多かったり、肥満気味になっている方で便秘に悩んでいる方は、まず吹き出物を取り除く努力やダイエットをするよりも、便秘を治す事を最前線に考える事で、全てが解決する事もあります。