コミュニケーションで便秘解消
  1. ホーム
  2. 精神面
  3. 生活習慣
  4. コミュニケーションで便秘解消

コミュニケーションで便秘解消

現代人はコミュニケーション不足が問題視されています。
コミュニケーションを取らない事で誤解が生まれてしまいますし、人間関係にも支障が出てしまいます。
便秘の悩みは人間関係の悩みであるといっても良い程に、便秘と人間関係は深い繋がりがあります。
便秘の原因として一番多いのがストレスです。
ストレスを感じる事で腸の神経が過敏になってしまい、便秘を引き起こしてしまいます。
残念ながら、現代では仕事や学校でもどうしても人間関係を円滑に過ごせない人間はストレスを抱えてしまうように出来ています。
コミュニケーション不足による誤解から仲間外れ、いじめ等のトラブルにもなり兼ねませんし、大人や社会でもいじめは存在します。
まずコミュニケーションが苦手な方は少し人に対して期待しすぎているケースが多いです。
自分が話さなくても、相手が分かってくれるだろうという期待、自分から話さなくても相手から話してくれるだろうという期待です。
しかし、人は自分が思っている以上に他人の事等考えていませんし、誰でも自分が一番大切です。
もしも話さないで自分から話し始めるのを待っている様な人が居ると面倒に感じてしまいますし、その人への誤解や不信感を強めてしまいます。
それでも最初からいきなり人に話しかける事は難しいと考える方も多いと思います。
そこでまず人の目を見て話す事と、自然な笑顔を作る事だけを考えて人と会話をする癖を付ける事で、会話が弾みますし、自分の良き理解者に巡り合える事も出来ます。
コミュニケーションを取る事で、ストレスが減っていきますし、もしも嫌な事があってもすぐに良き理解者へ相談に行く事で自律神経や腸の副交感神経が落ち着きますし、便秘の予防や解消へと繋がります。