日光浴で心と腸を活性化
  1. ホーム
  2. 精神面
  3. 生活習慣
  4. 日光浴で心と腸を活性化

日光浴で心と腸を活性化

日光浴と聞くと、日焼けをしてしまったり皮膚がんになってしまうというネガティブなイメージばかりありました。
しかし、どの動物でも日光に当たるものですし、日光浴をしなければ病気になってしまう動物もいます。
最近では日光浴をする事で血行が良くなったり、皮膚から太陽の栄養を摂取する事が出来るとして注目されています。
心や腸の問題の場合もそうです。
ストレスや過労により疲れきってしまっている体に日光を当てる事で腸のトラブルを解消する事が出来ます。
休日は部屋に篭もりっきりで、平日も室内でのデスクワークをしてしまうと、心のバランスや体の栄養バランスを崩してしまい、結局長期化する便秘になってしまいます。
日光に当たらないと気分転換が出来ずに、ただ自宅と職場を往復する毎日で刺激が無くどんどん気持ちが廃れていってしまいます。
心の刺激や感受性は腸にとっても良い影響を与えるので、日光浴をする事で便秘の解消にもなります。
日焼けがしたくない方の場合には日焼けクリームを塗る事で日焼けを回避する事が出来ます。
日光だけでは無く、日光を浴びてスクスクと育った植物や花を見るだけでも心や腸にとって良い刺激となります。
日あたりの良い部屋に引越しをして、観葉植物やお花を飾るだけでも気分がリフレッシュします。
しかも、観葉植物やお花のお世話をするだけでも無心に帰る事が出来ますし、暖かい日の光の元で作業をする事で腸に良い影響を与えます。
家の庭で簡単な野菜を育てる事でも日光浴が出来ます。
実際に日光浴をして便秘なんて治るのだろうかと感じている方も居ますが、便秘はストレスから来る事が多いので、日の光の元で体を動かす事で期待以上の効果があります。