よく噛む事で腸を刺激
  1. ホーム
  2. 肉体面
  3. その他
  4. よく噛む事で腸を刺激

よく噛む事で腸を刺激

便秘解消には、食品を口に入れた時に、よく噛む事も大切になります。
噛まずに飲み込んでしまうと、腸がビックリしてしまいますし、便の停滞の原因にもなります。
ご飯は1粒につき、20回~30回は噛む方が良いです。
ご飯をよく噛んで食べる事で、口の中で唾液等の作用によって、食品の成分がミネラル等に変化してくれるので、胃や、腸にとっても良い影響があります。
ご飯をよく噛む習慣を付ける良い方法として、ご飯に玄米を混ぜて炊くという方法があります。
玄米はご飯と違って、若干固くて噛みごたえがあるので、噛む癖がついていきます。
しかも、玄米には腸にとっても良い効果のある、ビタミンやミネラルが豊富なので腸を活性化させる役割も同時に担っています。
玄米には食物繊維も多く含まれているので、便秘の際にはとても良い食品と言えます。
ご飯よりもカロリーが低いので、ダイエット中の方でも食べる事が出来ます。
ダイエットをしている方が便秘になりやすい理由として、食物繊維不足が挙げられます。
そこで、玄米をご飯に混ぜる事で、ダイエット効果と同時に食物繊維も摂取出来て、ダイエット中の便秘の予防をする事が出来ます。
よく噛む事によって、便秘解消以外にも、満腹中枢を刺激して少ない量でお腹がいっぱいになる事が出来ますし、顎を鍛える事で顎関節症の予防にも繋がります。
このように、よく噛んで食べる事や、ご飯に玄米を入れて食べる事は、便秘解消効果やダイエット効果、美容効果もあるのでとても女性向きと言えます。
玄米は、近くのスーパーでも気軽に買う事が出来ますし、インターネットで買う事が出来ます。
とてもリーズナブルな値段で買う事が出来るので、とてもお薦めする事が出来ます。