薬に頼るべきか、サプリに頼るべきか
  1. ホーム
  2. 肉体面
  3. サプリ・薬
  4. 薬に頼るべきか、サプリに頼るべきか

薬に頼るべきか、サプリに頼るべきか

便秘になった時、下剤や浣腸等の薬に頼るべきなのか乳酸菌等のサプリメントに頼るべきなのかで悩む方が多いです。
まず、下剤や浣腸を使うメリットとしてはサプリメントとは違い即効性がある事です。
長く続いていた便秘をすぐに解消したい方や、サプリメントや運動等の効果がまったく見られない場合は下剤や浣腸に頼って方が良いです。
便秘が長期化している方の場合は腸内で便が詰まっている状態になっていますし、そこから悪玉菌が繁殖したり腸がねじれてしまっている事が多いです。
なので、まず下剤や浣腸を使う事で腸の環境をリセットする事が最も重要になります。
サプリメントのメリットとしては、まず副作用が少ない事があります。
即効性がありませんが、胃の粘膜や肌を守りながら腸を元気にしていく作用があるので、腸や体を健康的にする効果もあります。
理想的な便秘薬とサプリメントの服用方法として、まずサプリメントや運動療法等を試してみて、それでもまったく効き目がなかった場合は下剤を服用して腸の環境をリセットします。
次に、下剤の服用を一旦止めてサプリメントの服用に切り替えると良いです。
下剤によって腸が掃除されて、善玉菌と悪玉菌両方の菌が減ってゼロになっている所に乳酸菌等のサプリメントを入れる事で善玉菌が増えて悪玉菌が減り、結果的に便秘になりにくい腸内環境を作る事が出来ます。
このように、下剤とサプリメントの合わせ技を使用する事で長く苦しめられていた便秘を自力で治す事も可能です。
もしも、便秘が治ったとしてもサプリメントの服用を止めてしまわずに、長期的に摂取する事が必要になります。
サプリメントを買うお金がない方は出来るだけ乳酸菌や食物繊維が多く入った食事を摂る事を心がけると便秘が再発しにくくなります。