便秘薬の副作用
  1. ホーム
  2. 肉体面
  3. サプリ・薬
  4. 便秘薬の副作用

便秘薬の副作用

薬局へ行くと便秘を改善させる薬が出回っています。
しかし、素人判断で便秘薬を選んでしまうと副作用もありとても危険です。
便秘薬には、下剤や腸を無理やり動かす薬品が配合されていますが、その薬品が胃の粘膜を傷つけて、お腹が痛くなったり肌荒れ等のトラブルを引き起こします。
便秘薬が体質に合わずに食欲が無くなったり、肌に元気が無くなったりしますし、中には嘔吐をしてしまう方もいます。
便秘薬を服用して便が出たとしても、副作用が出た場合には必ず便秘薬の服用を止めて病院に行く事が大切です。
胃痛や吐き気等の症状がなくなったからといって体質に合わない便秘役を服用していると、いつか重大な病気になってしまう恐れもあります。
無理やり腸を動かす薬を飲んでいると、腸に耐性が出来てしまい、まったく薬が効かなくなってしまう恐れもありますし、薬によって胃、食道、腸がボロボロになってしまう事もあります。
便秘薬に依存してしまうと疲れやすくなったり、イライラしやすくなったりするようになります。
なので、便秘薬を服用する時は必ず薬局の薬剤師に相談してから購入を決めるか、病院の適切な処方薬を貰って飲む事が大切になります。
薬だけに頼るのはとても楽で良いですが、このように危険もあります。
理想的な解決方法には、便秘解消の運動やマッサージも大切です。
しかし、運動をしている時間が無い方も居ますし、今すぐにでも便秘を解消させたいと考える方も多いです。
そこで、下剤を飲むよりも健康的に頑固な便秘を治す方法もあります。
少し苦いですが、にがりという健康食品をスプーン1杯から2杯程度水に混ぜて、一気飲みするとにがりに含まれるマグネシウムという成分が腸を刺激して便を押し出してくれます。