好き嫌いを克服する
  1. ホーム
  2. 肉体面
  3. 食べ物
  4. 好き嫌いを克服する

好き嫌いを克服する

好き嫌いは便秘の原因となってしまいます。
食べ物嫌いとして一般的なのが野菜嫌いです。
野菜嫌いで一切野菜を摂らないと便秘の原因にもなりますし、様々な病気の引き金になってしまいます。
野菜を嫌いな方が一度でも拒否してしまうとそれが慢性化して一切野菜を摂らずに過ごしている方も居ます。
野菜を一切取らずにコンビニのご飯や外食ばかりしていると便秘だけではなく命の危険にもなります。
嫌いな物を拒否する事で、より嫌いという印象が根強く残る傾向にあります。
もしも嫌いな物があったとしても、食べる習慣をつける事で嫌いな物でも克服出来る可能性も大いに考えられます。
実際に子供に嫌いな物を嫌いなままにさせる親の傾向として、子供に嫌でも食べさせる習慣を与えません。
嫌いだと思っている食べ物でもしっかりと食べる事で好きになる事が出来ますし、若返り効果、便秘解消効果も期待出来ます。
日本人が嫌いな食べ物として、野菜だけでは無く納豆もあります。
納豆は見た目や糸、味、臭いで嫌う方も居ますが、少し無理をして食べ続ける事で納豆本来の旨みを味わえるようにもなります。
納豆は腸にも良いので食べれるようになった方が良いですが、どうしても食べられない方の克服方法として砂糖を入れる方法があります。
砂糖を納豆に入れる事で、独特の苦みや粘つきを抑える事が出来ますし、甘さだけではなく、旨みも出てくるので食べやすくなります。
納豆嫌い子供でも砂糖を入れる事で大体の子供は食べられる様になります。
糖分は腸や美容にとって良くないので、納豆に入れる砂糖は出来るだけ美容や腸に良いとされるオリゴ糖を入れると良いです。
食べているうちに納豆慣れしていくので、慣れてきたら入れる砂糖の量を減らしていくのも良いです。