ジュースよりも乳酸菌飲料を
  1. ホーム
  2. 肉体面
  3. 食べ物
  4. ジュースよりも乳酸菌飲料を

ジュースよりも乳酸菌飲料を

ジュースには、便秘を引き起こす糖質や添加物が沢山入っています。
果汁が入ったジュースでも生の野菜や果物を食べるよりも食物繊維の量が少なく、食塩や砂糖が追加で入れられている事が多いです。
なので、便秘に悩んでいる方や、便秘がちな方は極力ジュースを控えた方が良いです。
それでも美味しいジュースを飲みたいという方は沢山居ます。
そこで、便秘に良くて美味しいジュースとして注目されているのが乳酸菌飲料です。
乳酸菌飲料とは、腸の中の良い菌を沢山増やしてくれる善玉菌が生きて入った飲料の事です。
飲んだ事が無い方も居るでしょうが、味がしっかりと調節されていてとても飲みやすいですし、普通のジュースよりも甘くて飲みやすい物が多いです。
料金もとても安く購入する事が出来ますし、コンビニや自動販売機等でも簡単に買う事が出来ます。
乳酸菌飲料の中には飲むヨーグルトという物があります。
ヨーグルトにも腸に良い成分が多く含まれていますし、便秘を解消する効果だけでは無く美肌効果等もあります。
しかし、ヨーグルトが苦手な方も居ます。
しかし、飲むヨーグルトは固形のヨーグルトが嫌いな方でも飲みやすいです。
飲むヨーグルトには、一般のジュースの様な味が付いた物もありますし、ジュースの様に美味しく飲む事が出来ます。
ブルーベリー味からストロベリー味の物もあり、コンビニ等で買う事が出来ます。
普段コンビニで炭酸飲料を買う所に飲むヨーグルトや乳酸菌飲料を買う事で、便秘の予防をする事が出来ます。
炭酸飲料も糖質が沢山入っていますし、炭酸が腸を刺激してしまうので良くないです。
徐々にジュースや炭酸飲料から乳酸菌飲料を摂取する習慣に変えていく事が大切です。